占いサイト口コミ評判比較ランキング

ヘッダー

赤ちゃんの名付けに無料姓名判断サイトを活用しよう

    

赤ちゃんが生まれ、養う家族が増えた親が最初に赤ちゃんに対して果たす義務が「名付け」です。
名付けの際には、親としては願い・思いを子供の名前に込めたいものです。しかしその願い・思いが強過ぎると、子供はかえって不幸になってしまいます。名付けにあたっては、第三者の意見を参考にしたいところです。
とは言え、親自身の親のような高齢者世代(最近のおじいちゃんおばあちゃんは若いですから高齢者と言ってしまうのもどうかと思いますが)はセンスが古いですよね。親戚・縁者の意見も、子供の親としては正直「うるさい」と感じるでしょう。
そんな時こそ、インターネット上の無料姓名判断サイトを利用しましょう。無料姓名判断サイトでは無料で「姓名判断」の占い結果が見れますから、名付けの際にはとても参考になります。
ただ、姓名判断に従って赤ちゃんの名付けをする際にはいくつかの注意点があります。それを踏まえ、以下で「無料姓名判断サイトを利用した赤ちゃんの命名手順」を説明致します。

1:家族が負う宿命「天格」を知る

赤ちゃんは生まれてきた時点で、姓名のうちの姓、つまり苗字が既に決まっています。無料姓名判断サイトを利用する際には、まず苗字の総画数である「天格」を調べましょう。
天格は家系の宿命を表しており、受け入れるしかない運勢です。とは言えもし天格が「凶」の運勢であるようなら、他の「五格」を「大吉」または「吉」としておきたいところです。

2:「総格」を気にしつつ「地格」を調整する

赤ちゃんの名付けにおいて、最も重要となるのが以下で説明する「総格」と「地格」です。

総格:姓名の総画数です。人生の総合運を表します。赤ちゃんが女の子の場合、特に注意が必要です。
地格:名前の総画数です。未成年期における素質、体力・知力を表します。

赤ちゃんの名付けをする場合、名前を定めた時点でまず「地格」が決定されます。その時点で「天格」、「地格」の2つが確定し、「総格」もまた決まるのです。
赤ちゃんが特に女の子の場合、「総格が23画」と「総格が32画」は避けた方が良いとされています。これらの運勢は一応は「大吉」なのですが、かなりハイリスクハイリターンとなっており、女性の人生としては波乱含みであるとされているのです。避けた方が無難でしょう。
子供の成長を考えると当然、「地格」は「大吉」であるべきですが、同時に「総格」も「吉」または「大吉」であってほしいものです。

以上の手順を踏まえれば、子供の名付けにおいて無料姓名判断サイトを有効活用できます。もし余裕があれば、「人格」や「外格」も「吉」以上の運勢にしておきましょう。

口コミフォーム

名前:

口コミ