占いサイト口コミ評判比較ランキング

ヘッダー

占いサイトも種類もいろいろ

    

「占いは当たるも八卦当たらぬも八卦」という言葉があります。占いは外れることもあるから気にするなという意味です。占い結果が悪い時に使われることが多いです。確かに占いは当たったり外れたり、くじ引きに似ているところもあります。それでついワクワクドキドキしてしまいます。
本気でのめり込む中毒者は少ないでしょうが、ちょっと迷った時や不確かなことを知りたい時、背中を押してもらうつもりで占いをしてみたいと思うのは自然なことのような気がします。
実際、ネットでキーワード「占い」を打ち込むとたくさんの占いサイトがヒットします。
占い方法も様々、四柱推命・姓名判断・手相・タロット・ルーン・0学など様々なサイトがあります。無料もあれば有料もあります。
日本では外食しようと思った時に食べたい国の料理を選べるのが便利、というのを聞いたことがありますが、占いも同じくらい種類が豊富で好きな占いを選ぶことができます。
対面の占いでは手相などもよく見かけますが、占いサイトでは手相は少なく感じます。手相占いと検索しないとなかなかでてきません。
実際に自分の手を見て占ってもらえないので少ないのではないでしょうか。
多いのは四柱推命・姓名判断・タロットなどです。0学も見かけます。
四柱推命は干支や月齢が必要になるため、サイトで占うのに生年月日が必要になることが多いです。占い師さんによってオリジナルの占い方があるので、他にも出生地が必要ということもあります。
姓名判断は言わずと知れた名前を使った占いです。本名が必要になります。既婚女性は旧姓で占うか、結婚後の名字で占うか迷ってしまうこともあります。
親切なサイトでは「旧姓で入力」などの指示があるところもあります。漢字の字画を見るので、子どもを授かった時の名付けの参考にされたりすることもあります。そういう意味では一般的に浸透している占いの一つかもしれません。
これらは人生を通じて運気や性格を見ることが多い占いです。
一方、生まれ月など関係なく悩みに応じて占えるものの代表がタロットです。
タロットは悩みに対してそれを解決するスプレッドという図式があります。サイトでは自分の悩みに合ったスプレッドを選んで、占いをすることが多いです。
タロットカードには正位置と逆位置があり、同じカードでも向きで意味が違います。
カードは抽象的な意味を持ちますので、無料占いではカードを見ながら自分で結果を考えたりします。
占いと一口に言っても様々な占いがあります。
自分が知りたいことが分かって少しでも前に進めるように占いができると良いですね。

口コミフォーム

名前:

口コミ